キクが育ちやすい土について学んでみましょう

キク.net

キクの特長と土

男女

栄養が大事

キクは宿根草といって、他の一般的な植物に比べて、多くの栄養を必要とします。そのため、たくさんの肥料を土に混ぜる必要があります。キクの育てるための土作りには、暖効性化成肥料という土を足す必要がありますが、キク専用の土であれば、すでに混ぜられていることが多いですよ。専用の土はインターネットで簡単に購入することができます。ネットで購入すれば、思い土を家まで運ぶ必要が無いので楽ですよ。

宿根草とは

宿根草とは、1年に1回花を咲かせる植物のことです、また、この宿根草の特長は、花や葉が成長するのが難しい時期になると、枯れてしまいます。しかし、土の中にある球根部は生きているので、また、成長に適した時期になると、芽を出して花を咲かせます。そのため冬を越すことができます。

多年草

キクは、多年草という種類の植物にもなります。一般的に多年草は何年にも渡って枯れることのない植物を指します。しかし、キクは成長に適さないと枯れてしまいます。それなのに多年草に分類されているのには、キクは土から出ている部分は枯れてしまいますが、土の中にある根の部分が生きているためです。
キクは、葉が枯れていても土の中で根が生きているので、正しく土を調整してあげる必要があります。

土のpH

ほとんどのキクは、酸性よりの土を好みます。そのため、育て方の基本として土を酸性に維持しなくてはなりません。特に、花壇がコンクリートの近くに有る場合は、雨が降った時にコンクリートから滲み出た石灰などのアルカリ成分が土に溶け込んで、土がアルカリ性に偏ってしまうことがあります。そういった場合には、鹿泥土といった酸性の土を混ぜて、土を酸性に戻してやる必要があります。

追肥も大切

先述したとおり、キクを育てるためにはたくさんの栄養が必要です。そのため、キク専用の土で栽培していたとしても時期に合わせて、追肥してあげる必要があります。キクの追肥には、液体の肥料が便利ですよ。液体肥料には、水で薄めて使用するタイプと、そのまま土に刺すだけのタイプがあります。薄めて使用するタイプは、用法に合わせて使用しないと、根がダメージを受けてしまうので注意しましょう。キクの液体肥料は、インターネットで簡単に購入することができますよ。

キクと土

キクは宿根草なので、土がとても重要です。上記ではキクを栽培する上で、大切な土の調整方法をまとめてみました。土は自分で一から配合すると難しいですが、キク専用の土を使用すれば、初心者でも簡単に栽培することができますよ。