美しいキクを育てて、日常に色を添えよう。

キク.net

キクの基本情報と人気ランキング

スコップ

キクってどんな花?

キクは、多年草植物と言って、数年にわたって成長し続ける植物です。日本でだけでなく、中国やアメリカでもポピュラーは花で、たくさんの種類があります。また、花の香も良く、その見た目の良さから食用として用いられることもあります。

けっこう丈夫

キクは、関東より西よりであれば、外に出したままでも越冬できるくらい丈夫な植物です。また、草丈が低い品種も多いので、強風荷物よく花が倒れにくいことも特長です。

キクの種類

キクの種類はおおきく大菊、古典菊、小菊、海外のキクの4種類に分けることができます。大菊は、花の大きさが18cm以上のもので、花の形によって更に種類が分かれます。古典菊は、江戸時代に育てられたキクで、地名が名前になっています。小菊は山菊とも呼ばれており、とても小さな菊です。キクには海外で育てられたものもあります。主に、アメリカ、オランダ、中国産のキクが多いです。

日光が大切

キクの上手な育て方の一つに、日光がポイントとなります。キクの種類にもよりますが、基本的に、1日約10時間程度の日光が当たる場所で育てると、元気に育ってくれます。また、キクは日光が当たる時間が短くなってくると花を咲かせる性質があります。その性質を利用すれば、綺麗な花をたくさん咲かせることができますよ。

みんなに人気のキク

no.1

ポットマム

ポットマムは3cmから6cmほどの小さな花をたくさん咲かせます。育て方も簡単で、色の種類もたくさんあるので人気があります。また、外に鉢植えを置いておいても、基本的に冬を越すことができるのでその扱いやすさも人気の理由です。

no.2

ピンポンマム

ピンポンマムはその丸い見た目の可愛らしさから人気のあるキクです。また、色も豊富で、白、赤、オレンジ、ピンク、黄、緑とたくさんあるので、フラワーアレンジメントにもよく利用されています。

no.3

姫小菊

姫小菊は3cmほどの小さな花をたくさん咲かせます。高温多湿になると、花が咲かないことがありますが、耐寒性があって育てやすいため人気があります。また、草丈が低いことから、寄せ植えにもよく利用されています。

no.4

マリーゴールド

マリーゴールドはキクの中でも栽培が簡単で、日本の花壇でよく見かける定番のキクです。ボリューム感があり、長い間花を楽しむことができるので人気です。特に、夏頃に一斉に咲くので見ものですよ。

no.5

コスモス

コスモスは、秋に咲くキクですが、その人気の高さから、全国にコスモスが見れる名所があります。背が高く伸びるので、上手な育て方として支柱を立てることがありますが、それ以外はそれほど頻繁に水を与える必要もなく、丈夫なので人気があります。